宅配ボックスTOUROU(灯篭・とうろう)TOUROU

弊社は有限会社D-WEBERとコラボレーション作品、
宅配ボックス「TOUROU(灯篭・とうろう)」を発表いたしました。



灯篭をモチーフにした
奇抜な宅配ボックス

 

こんな奇抜な宅配ボックスが玄関にあったとしたら、想像しただけで楽しくなるはずです。知らなければこれが宅配ボックスだとは思わないでしょう。そして「いったいドコが開くの?」と思うでしょう。
パネルがガルウィングのように開くのですが、閉じている時にあまりに精度が良いので「この部分が開くなんて思わなかった」と驚かれます。開いた時にのみ現れるタワーのような美しい構造物が高い技術力を主張します。その部分こそ有限会社シンケンの技術が最も映える部分です。
閉じても開いても美しい 楽しい 面白い それが最大の特徴ですがデザインを最優先しているため大きな荷物は入りませんし、宅配業者の方もこれが宅配ボックスだとは気が付かないかもしれません。
気が付いたとしてもどうやって荷物を入れていいのか分からないかもしれません。しかも鍵もついていません。
そんな不便さをユーモアとして楽しんでいただけたら嬉しいです。その逆にビックリするくらい大きな荷物が入るタイプも提案していますので、荷物サイズを優先したいニーズにはそちらをオススメいたします。

TOUROUの発想と由来

 

カタチもテーマも名前の由来である灯篭(とうろう)からヒントを得ています。灯篭の原点は暗闇を照らし安全に人を導き守る存在だったと言われており、現代では玄関や庭を彩るオブジェとして扱われています。
いまや沢山の宅配ボックスが流通していますが、その殆どが同じく板金技術で出来ています。他との違いを見せつける為のキーとなったのがオブジェとしての機能でした。
私たちが売りたいのは宅配ボックスそのものだけでは無くて「自社の名を世に広めること」です。宅配ボックスとしての機能がスポイルしてもいいじゃないか、「 見た瞬間から興味が湧く 」 「 どんなヤツラがデザインして実行したのか気になる 」 そんなボックスを作ろうと考えた時にこのカタチが頭に浮かんだのです。
灯篭がそうであるように、荷物を導き守る存在であり玄関を彩るオブジェと考えれば全てのストーリーが結びつきました。

TOUROUの特徴

 

なんと言っても主張の強いデザインです。こんな奇抜な宅配ボックスが玄関にあったとしたら、想像しただけで楽しくなるはずです。
知らなければこれが宅配ボックスだとは思わないでしょう。そして「いったいドコが開くの?」と思うでしょう。
パネルがガルウィングのように開くのですが、閉じている時にあまりに精度が良いので「この部分が開くなんて思わなかった」と驚かれます。開いた時にのみ現れるタワーのような美しい構造物が高い技術力を主張します。
その部分こそ有限会社シンケンの技術が最も映える部分です。閉じても開いても美しい 楽しい 面白い それが最大の特徴ですがデザインを最優先しているため大きな荷物は入りませんし、宅配業者の方もこれが宅配ボックスだとは気が付かないかもしれません。気が付いたとしてもどうやって荷物を入れていいのか分からないかもしれません。しかも鍵もついていません。
そんな不便さをユーモアとして楽しんでいただけたら嬉しいです。その逆にビックリするくらい大きな荷物が入るタイプも提案していますので、荷物サイズを優先したいニーズにはそちらをオススメいたします。

スチール板加工
スペシャリストの挑戦

 

板金技術が巧みだからカタチならなんでも出来る。
職人達はそこに魅力を感じでいるし誇りもある。
だが、なんでも出来るからこそ個性を出すことが難しい。
だからなにかを仕掛けたいと思った。
デザイナーと共に。





本体 スチール板(一部ステンレス)
サイズ 高さ =約153cm~約100cm
幅  =約45cm
奥行き=約45cm
発売日 未定
価格 予測販売価格 10万~15万円
備考 意匠登録出願済み